本文へスキップします。

MENU

銅の殺菌性その2

病院での採用例

院内感染対策に効果を発揮する銅 / 院内感染

病気の治療のために訪れた病院で、別の病気をうつされる。このような「院内感染」がいま、医療施設の信頼を揺るがすほどの問題になっています。
徹底した院内感染対策が医療施設に求められるなか、日本銅センターでは院内感染の予防に銅の殺菌効果を役立てるという世界初の試みをスタートさせました。
試験は皮膚科病棟内に銅板と黄銅板を設置し、そこから採取した細菌と、なにも設置していない普通の床で採取した細菌を培養。コロニー(細菌の塊)の数を比べる方法で行われました。銅板や黄銅板を設置した箇所はベッドの柵、洗面台、シャワーヘッド、ドアの押板、ドアノブ、手すり、処置室の床など。培養する菌の種類は、院内感染のおもな原因となるMRSAを含むブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌および一般細菌です。
病室の床に設置した銅板、黄銅板と普通の床から採取した菌の結果では、普通の床と比べ、銅板や黄銅板の床ではきわめてすぐれた殺菌効果を上げていることが分かりました。
このような結果は、他の場所でも同様でした。また、洗面台やバスルームなどの湿った環境から検出される緑膿菌や大腸菌についても殺菌効果が得られることが確認されました。

黄銅板の画像

処置室の床に設置した銅板および黄銅板

銅製洗面台の画像

病室内の銅製洗面台

培養結果の画像

※MRSA:抗生物質にも耐性を得たメチシリン耐性黄色ブドウ球菌

黄銅を環境表面に全面採取した「落合クリニック」/ 抗菌クリニック

千葉県浦安市にある「落合クリニック」は、院内感染予防を狙い、内装のあらゆる箇所に黄銅を使用した世界初の"抗菌クリニック"として注目されています。
落合クリニックの落合康博院長は「設計者からの提案もあり、銅や黄銅の強力な殺菌性能を活かしてドアノブ、ドアハンドル、待合室の壁、受付デスクなどの表面に黄銅板を大量に使用しました。患者さんからは"内装がきれいで気持ちが癒される"と評判もなかなかです。
これからも長い期間、黄銅の抗菌・殺菌性により院内を衛生的に保てると期待しています。
また、通常の感染予防対策と合わせ、インフルエンザの感染拡大の予防に効果が現れると良いですね」と感想を述べられています。

千葉県浦安市 落合クリニックの画像

千葉県浦安市 落合クリニック

  • 落合康博院長の画像

    落合康博院長

  • 千葉県浦安市 落合クリニックの画像

    患者さんからスタッフまで、人の手が触れるさまざまな個所に黄銅を採用

細菌の画像

病院として世界最大規模の銅製品を導入「千代田病院」 / 合計1トン

宮崎県日向市にある「千代田病院」。2012年に開院した新病院が世界中の医療関係者に注目されています。それは、「200床を超える大型病院では世界初となる大量の銅部材の採用」。
銅の殺菌作用による院内感染対策に着目した同病院千代反田晋理事長は、銅の殺菌作用について院内で実験検証を行い、その実証データをもとに、ドアノブやハンドルなど計530箇所以上に銅製品を導入したもの。約1トンもの銅部材の導入で、院内感染のリスク低減を図るこの試みに、多くの医療関係者が期待、注目しています。

  • 千代田病院の画像

    千代田病院

  • 千代反田 晋理事長の画像

    千代反田 晋理事長

  • ドアノブの画像
  • ドアノブの画像

    ドアノブやハンドルに約1トンの銅製品が使われている

子供たちを集団感染からガード!
「保育園ではじまった銅の採用」

八王子市「めぐろ保育園」、いわき市「金谷幼稚園」、同市「小島保育園」などでは、病原菌への抵抗力の弱い小さな子どもたちの食中毒やインフルエンザなどによる集団感染の予防に、銅を使った設備を導入しました。手洗い場と蛇口、トイレのドア(プッシュプレート、ドアノブ)などの各種設備に黄銅を採用。
「子どもたちには"銅がバイキンをやっつけてくれるんだよ"と説明しながら、みんなで手洗いやうがいを徹底しています」との声が上がっています。

保育園の画像

銅の殺菌効果への反応

銅の殺菌作用を米国政府が認定!/ 米政府も認定!

2008年3月、米国環境保護庁(EPA)より、「銅、真鍮、ブロンズなどは人体に有害な致死性のある病原体を殺菌し、公衆衛生に効果がある」という表示が法的に認可されました。 EPAが公衆衛生に実際に効果があると認めた個体材料は銅が初めてとのこと。EPAの認める表示は、独立した検査機関が行った試験結果に基づくもので、EPAの定める試験方法で行われ、銅および銅合金がMRSAをはじめとする各種病原体を殺菌することを証明したのです。今回の発表により、日本銅センターが注力する銅の殺菌作用の研究がさらに加速し、院内感染予防という観点から、銅がもっと社会に貢献できるようになることが大いに期待されています。

  • 米国での銅の試験風景の画像

    米国での銅の試験風景

  • 米国環境保護庁 (EPA)の画像

    米国環境保護庁 (EPA)

  • EPAの認定書例の画像

    EPAの認定書例

銅表面が、感染リスクを58%削減!

サウスカロライナ医科大学のM.Schmidt教授は、3つの病院で銅製のベッド柵やベッドテーブル、ナースコールボタン、点滴スタンドなどを使用し、病原菌数および感染率の減少を調査。4年間にわたる調査の結果、2011年7月、WHO ICPCIで「銅表面が感染リスクを58%削減」という検証結果を発表しました。

3病院のICUの環境表面に銅を採用

国内で広がるCu+製品 / 抗菌クリニック

Cu+サプライチェーンの拡大とともに、国内では、医療分野を中心にさまざまなフィールドで
Cu+製品は急速な広がりを見せています。

  • 医療・福祉施設用什器(フランスベッド(株))

    医療・福祉施設用什器の画像
  • 銅合金製ドアハンドル/プッシュプレート/手すり((株) ユニオン)

    銅合金製ドアハンドルの画像
  • 銅合金製サニタリー((株) カクダイ)

    洗面器の画像
  • ナースカート((株) 岡村製作所)

    ナースカートの画像
  • 点滴ポール((株) 新井製作所)

    点滴ポールの画像

海外でも、いろんなところで応用・活用!/ 海外で

いま、世界のさまざまな場所で、用途で、銅の殺菌力を応用した活用がはじまっています。

  • Cu+の刻印がの画像

    Cu+の刻印が

  • マクドナルドハウスで(アメリカ)

    マクドナルドハウスで(アメリカ)

  • 学校で(チリ)の画像

    学校で(チリ)

  • 空港で(ブラジル)の画像

    空港で(ブラジル)

  • 病院で(チリ)の画像

    病院で(チリ)

  • 厨房で(アメリカ)の画像

    厨房で(アメリカ)

  • 地下鉄車内で(チリ)の画像

    地下鉄車内で(チリ)

  • 病院で(ポーランド)の画像

    病院で(ポーランド)